チェックメイト

「猫を抱いて象と泳ぐ」

半年程前に、古本屋で買った本。

ジャケ買いならぬ、表紙買いでした。なんかおしゃれで。

 

なんせ引きこもりで時間は有り余ってるので、読み終わるのに時間はかかりませんでした。

 

簡単に言うとチェスに生きた少年の話です。

 

内容は割愛しますが、まぁ、影響されちゃったりした訳ですよ。

 

興味を持つと行動が早い私、すぐさまチェスのルールを覚えました。

 

将棋より駒の種類もマスの数も少なくて、チェスの方が覚えやすかったです。

将棋は小学生の頃に少しだけやってたのですが、駒の動きが複雑で小学生の私には覚えられなかったんですよね…。

 

さてさて早速スマホにチェスのアプリを入れ…

 

さぁ、初陣じゃー!

 

 

 

…はい、この半年1度も勝利していません。

まぁ、ほとんどチェスの事なんてすっかり忘れてたりもしたんですがね。

 

でもこの前ふとチェスの事を思い出して、私の中でチェス熱が再沸騰してました。

 

でもほぼ初心者の私はなかなか勝てず…

 

それがさっきようやく!

この単細胞の私がようやく!

勝ったのです!

 

ニヤリとほくそ笑みながらかっこよくつぶやきました。

 

「…チェックメイト

 

 

 

 

 

という訳で、誰得勝利報告でした。

広告を非表示にする