引きこもり女が“何かしなくちゃ”という焦りから始めたブログ

メンタル不安定の文章下手。あとネタもない

手を抜くことを覚えた

家事やりだしてからの数年は、毎日の献立を決めるのがものすごく辛かった。

献立を決めるのに命削ってるくらい辛かった。

 

理由は単純、頑張りすぎる、というか完璧主義すぎたから。

 

品数が少ない=悪いこと

と思い込み、限られた食材で何品も作らなくちゃいけないと自分を追い詰めてました。

買い物にも行けない自分が悪いんだけどね。

 

毎日スーパーに通う主婦って本当にいるのか分からんけど尊敬する。

 

 

「夕飯考えなきゃー」がストレスで夕方になると体調を崩す事もあった私ですが、これがある時面倒くささが勝って手を抜き出してからはビックリするくらいストレスフリー。

 

「あー…考えなきゃー」とは今でも思うけど、負担のレベルが全然違う。真夏に黒髪の暑苦しいストレートヘアからショートヘアーになってさっぱり~なくらいの解放感。

 

 

家族は手を抜きすぎだとか思ってるかもしれないけど、気にしない。なんでもかんでも完璧主義なのは疲れるんだ。申し訳ないとか思っちゃダメだぞ私!

 

頑張りすぎてある時いきなり爆発するよりは、ちょっと手を抜いてるくらいがちょうどいいじゃないか。

気が向いた時だけいつもより頑張ればそれでいいじゃないの。

 

 

何一つ継続が出来ない私が洗濯と炊事だけは続けられてるって事実からも、適度に手を抜く事って大事なんだなと思う。

 

バイトにも反映出来ればいいのだけど…

 

暑くてやる気出ないし明日はカレーでもするぜ